マコンデ彫刻の愛と性展

      
企画展写真1 企画展写真1 企画展写真1

 マサイ族とは、東アフリカのケニア南部とタンザニア北部の高原地帯で暮らしている部族で両国合わせて約125万人とされています。
 本来のマサイ族は、牛・羊・ヤギ等の家畜を飼っている遊牧民族でしたが、現在では観光客のガイドをしたり、密猟者の警備員等の仕事をして町の近くで住んでいる人たちも少なくありません。
 今回の企画展では、野獣から家畜を守るマサイの男や家族を守る女たちのなど、サバンナで暮らすマサイの人々の姿を、綿の布にろうけつ染めの技法で描いた作品を展示します。